• このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が広がるシェアハウス暮らしのメリットデメリット

シェアハウスとは?

シェアハウスとは、もともとはひとつの住まいを家族ではない二人以上の人でシェアして一緒に住むことをいいます。でも今、シェアハウス物件というと、複数の人が共同して住むために設計された、シェア専用の賃貸物件のことを指しています。

シェアハウスはスペースを共有することで「家賃が割安」になります。ベッドルームは個室、台所、バス・トイレは共有ということが多いです。

シェアハウスの一番のメリットは低コスト

シェアハウスのメリットを以下に紹介します。

・家賃ほか、諸費用が安い
家賃のほか、敷金・礼金が安い
です。また、備え付けのベッドや家電があるので、自分で購入するモノも少なくて済みます。毎月の光熱費も少なくなります。

・同居者との交流がある
「女性専用」や「男女混合」のほか、「外国人混合」など、シェアハウスによって入居者が規定されています。料理時間や食事時間には交流が持てます。

・共有スペースが充実
大型のシェアハウスでは共有リビングに大型テレビ・パーティスペースがあったり、大浴場が使用できる物件もあります。物件によっては「共有スペースのお掃除をしなくてもいい」ものもあります。

格安から都心の一戸建てまで!

「シェアハウス」は住まい方のバリエーションの多さが魅力です。安さを追求したシェアハウスは家賃2万円台程度。一方都心の一戸建て物件ではリッチな暮らしが楽しめます。

デメリットを検討して選びましょう

シェアハウスのデメリットとして「同居者と合わないかもしれない」「共有スペースがキレイじゃないかもしれない」「友人を呼ぶことに制限がある」などがあります。これらも十分考慮して物件選びをしましょう。

おすすめ記事

Twitterボタン
プロフィール | 村上 千夏
新卒後、住宅業界に入社。住宅業界独自のマーケティング教育を受けた。依頼された大型プロジェクトには、時代のニーズに応えるコンセプトに新しいアイディアを加えた魅力的な商品開発が高い評価を得ている。将来の夢は独立開業。