• このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の住まいの選び方(2)どんな環境が良いか

日当たり

女性の住まいとしては、南向きで日当たりがよく、風通しもよさそうな部屋が理想です。洗濯物もよく乾くし、部屋も清潔に保てます。ただし、他の条件を優先させるときには必ずしも「南向き」を指定しなくてもいいでしょう。例えば、平日は仕事で夜遅くなるし休日も出かけることが多く、昼間家にいる時間が少ない人なら、「日当たり」という条件を除外したほうが割安の物件が見つかります。

騒音

大きな街道沿いのマンションなどは、部屋の中までかなりの騒音が入ります。高層階だと音が上に昇るので、かなり気になる場合もあります。これについても、家に滞在する時間の長い人は考慮すべきですが、そうでない人は割り切ってもいいかもしれません。都会に住むと最初は騒音で眠れないという人も大抵慣れたら大丈夫なものです。

周囲の治安

日当たりや騒音と違い、どうしても妥協できないのは治安です。物件を見に行ったら、周囲を歩いて必ず環境をチェックします。
・道の街灯は夜十分に明るいかどうか
・周辺に見通しの悪い空き地や路地はないか
・住まいの周囲に侵入しやすい経路(登れる建物や木、その他)などはないか
・すぐ近くにコンビニなど逃げ込める場所があるか
・周りの通行人の雰囲気はどうか
などを十分に確認します。

おすすめ記事

Twitterボタン
プロフィール | 村上 千夏
新卒後、住宅業界に入社。住宅業界独自のマーケティング教育を受けた。依頼された大型プロジェクトには、時代のニーズに応えるコンセプトに新しいアイディアを加えた魅力的な商品開発が高い評価を得ている。将来の夢は独立開業。