• このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの最低条件はお金と健康と安全

一人暮らしを成功させるために、とにかく最低限これだけは大事! というものは次の3つです。

お金

いろいろな局面で頼りになるのはやっぱりお金です。毎月ギリギリで生活するようでは続けられません。一人暮らしでは万一のときに備えてお金の余裕を確保しておく必要があります。

・自分の収入とのバランスで無理のない家賃の場所に住む。目安は月収の1/3まで
・予算を立てて買い物は計画的にして、決まった額の貯蓄も確保する
・銀行に行けなかったとき、深夜など急にお金が必要なるときを想定して、家の中にも一定の現金を置いておく
・トラブルがあったときなどに急な引越しができる位のまとまった額の貯蓄を確保しておく。
・借金はしない。

健康

頼れるのは自分だけですから、自分の健康も自分で守りましょう。ちょっとした風邪で寝込んでも、食べ物の用意もままならず、一人だと本当に心細いものです。若いと無理がきくので注意を怠りがちですが、日ごろから食事や睡眠に気を配りましょう。

・食事の手抜きはほどほどに。朝食だけはしっかり食べるとか、休日は手料理を作るとか、自分のルールを決める。無理なダイエットも禁物。
・うがい、手荒いなどインフルエンザなど伝染病の予防を心がける。
・気になる体の変調は、長い期間放置しないで病院で診察を受ける。
・換気や清掃で部屋を清潔に保つ。

安全

トラブルや事故や災害への対策も大切です。

・隣人や大家さんとは挨拶はもちろん、日ごろからコミュニケーションをとっておく。
・何かあったときに相談したり頼れるのは友達。友達付き合いを普段から大切にする。
・信頼できる交際相手以外は家に入れない。あまり付き合いたくない知り合いも同様。
・消火器や防災グッズを常備する。
・住まいの周囲を歩いて、避難場所や、何かあったときに頼れそうな場所(お店、公共施設など)を知っておく。
サイトは多々ありますが、管理人一押しはココ
  • wigs online-Good Service, Fast Ship. 30 Day Returns Warranty

おすすめ記事

Twitterボタン
プロフィール | 村上 千夏
新卒後、住宅業界に入社。住宅業界独自のマーケティング教育を受けた。依頼された大型プロジェクトには、時代のニーズに応えるコンセプトに新しいアイディアを加えた魅力的な商品開発が高い評価を得ている。将来の夢は独立開業。